文字サイズ変更

スマートモビリティチャレンジ地域シンポジウムin九州 ~データを活用した課題解決型ビジネスの創出を目指して~

少子高齢化やデジタル技術の進展など、私たちの生活環境が大きく変化するなか、我が国においては、地方における豊かな暮らしの実現に向け、官民一体となった「まちづくり」や「公共交通」の一体的な推進が進められようとしています。

この度、九州経済産業局は、九州における地域課題の解決にあたり、様々な主体がデータを活用することで効果的に解決策を導き出すことを目的として、今年度「地域課題解決におけるデータ活用ワークショップ」及び「特定地域における新しいモビリティサービスの仮説構築」に取り組んでまいりました。

本シンポジウムでは、これらの取組を報告するとともに、モビリティサービスにおけるデータ活用、地域データに基づく特徴を活かした企画立案の重要性と具体的な手法等についてご紹介します。

また、国内外の取組事例・最新動向の情報をシェアし、モビリティ分野における地域課題解決やビジネス創出の可能性について、産学官の有識者をお招きしたパネルディスカッションを開催します。

開催概要

日 時
2023.2.20(Mon) 14:30〜17:00
会 場
福岡市(オンラインとのハイブリッド開催) 福岡システムLSI総合開発センター2階 会議室A・B室
定 員
【会場】100名程度【オンライン】制限なし
参加費
無料
主 催
経済産業省九州経済産業局

プログラム

14時30分 開会挨拶

九州経済産業局 地域経済部長
柴谷 昌宏 氏

14時35分 基調講演(1)

経済産業省における自動走行に関する取組
経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室 課長補佐
井澤 樹 氏

15時10分 基調講演(2)

「新たなモビリティサービスとは」次世代モビリティの可能性
モビリティジャーナリスト
楠田 悦子 氏

15時50分 データ活用ワークショップ実施報告

株式会社グルーヴノーツ テックパーク事業部 ディレクター
赤星 良輔 氏

16時00分 地域モビリティサービスの仮説構築におけるデータ活用

九州大学大学院 システム情報科学研究院准教授
峯 恒憲 氏
宗像市 都市再生課 参事兼地域政策係長
許斐 知加 氏

16時20分 パネルディスカッション(テーマ:スマートモビリティが地域課題を解決するには)

(ファシリテーター)熊本学園大学 経済学部
溝上 章志 氏
(パネリスト) 株式会社グルーヴノーツ会長
佐々木 久美子 氏
(パネリスト)モビリティジャーナリスト
楠田 悦子 氏
宗像市 都市再生課 参事兼地域政策係長
許斐 知加 氏

17時00分 閉会

お問合せ

〇お申込み

令和5年2月17日(金曜日)12時00分までに、以下申込フォームよりお申し込みください。

https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/kyusyu-johoseisaku/maas0220

〇お問い合わせ

九州経済産業局 デジタル経済室担当者:春口、原

電話:092-482-5552

FAX:092-482-5538

E-MAIL:kyushu-iot@meti.go.jp