スマートモビリティチャレンジとは

令和元年度は、28の地域・事業を選定し、実証実験等への支援を行いました。令和2年度も取り組みを継続しており、その一部を動画にまとめていますので、ぜひご覧ください。

事業紹介動画(METI CHANNEL)

経済産業省と国土交通省では、将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化を目指し、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促す新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始します。地域や企業等が幅広く参加する協議会を立ち上げ、具体的なニーズやソリューションに関する情報共有を促すとともに、先進的な取組を進める地域において事業性分析等を実施し、ベストプラクティスの抽出や横断的課題の整理等を進めます。

具体的には、「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」を立ち上げ、地域毎にシンポジウムを開催するなど、地域や企業等の取組に関する情報共有を促進し、ネットワーキングを進めます。また、先駆的取組に挑戦する「パイロット地域」に対する事業計画策定や効果分析等の支援を実施します。なお、国土交通省では「スマートモビリティチャレンジ」とも連携し、「新モビリティサービス推進事業」を実施します。全国各地のMaaS等新たなモビリティサービスの実証実験を支援し、地域の交通サービスの課題解決に向けたモデル構築を行います。

令和元年度の成果